安全な酵素ドリンクを選ぶための心得3つ

安全
「酵素ドリンクって危ないものはないの?」
「どうすれば安全な酵素ドリンクを選べるの?」
酵素ドリンクを飲もうと思っても、安全性が気になりますよね。どうすれば安全なものを選べるかわからず、踏み出せずにいました。
でも、無添加の酵素ドリンクを選べば安全なんです。
ここでは、選んではいけない危険な酵素ドリンクと、安全な酵素ドリンクの違いを紹介していきます。
安全性が高い!無添加酵素ドリンクランキング

選んではいけない!手作り酵素ドリンクの危険性

危険な酵素ドリンク
「売ってる酵素ドリンクは高いし、自分で作っちゃえ!」
「自分で作るならいいドリンクができそう♪」
酵素ドリンクを自分で作るのって、安く上がりそうだし、なんだか楽しそうに見えて、やってみたくなりますよね。
でも、手作り酵素ドリンクはとても危険なんです。

危険な理由その1:腐敗、カビ、食中毒

カビ、腐敗
手作り酵素ドリンクは、手でかき混ぜて、手の常在菌を使うということになっています。
でも、手についているのは常在菌だけではありません。
砂糖を入れて発酵させるというのは、エサをたっぷり与えて菌を培養しているようなもの。
常在菌と一緒に、悪い菌もたくさん増えてしまうことがあります。
特に、食中毒を起こすブドウ球菌などが増えてしまったら、食中毒になって健康どころではありません。

また、発酵しているのか腐っているのか、素人には見分けがつきにくいことも。
腐ったりカビが生えたりしているのに、ちゃんと発酵したんだと思って飲んでいると、思わぬ体調不良に見舞われます。
とても安全に飲めるとは言えません。

危険な理由その2:砂糖

砂糖
よくある手作り酵素ドリンクのレシピでは、野菜や果物1kgに対して、砂糖を1.1kg入れます。
砂糖は保存の役目もあるので、勝手に砂糖を減らすと腐りやすかったりもして、減らしにくいんですよね。
レシピを見ると、この砂糖は発酵が進むと、果糖とブドウ糖と水に分解されるから大丈夫、となっています。
が、それは砂糖が完全に常在菌に分解された場合の話。
そのためには実は、1年以上の発酵が必要なんです。
家庭で作るとせいぜい数週間の発酵なので、砂糖の一部分しか分解されず、白砂糖が残っています。

白砂糖たっぷりの甘いドリンクは美味しいですが、血糖値を急上昇させ、糖分を脂肪に変えるホルモンを出させ、体を脂肪を貯め込むモードに入らせてしまいます。
健康的にも、糖尿や虫歯のリスクがあります。
体を冷やすので、冷えからくる他の婦人科系の不調が出てしまうことも。
消化にビタミンなどを使うので、ビタミン不足も心配です。
こんなリスクの多い飲み物は、とても健康のためとは言えません。

危険な理由その3:材料が少ないので栄養が偏る

原材料
市販の酵素ドリンクは、メーカーを選べば五十種類、六十種類もの材料を使ったものを使えます。
が、手作りの場合はせいぜい十数種類ですよね。
材料が少ないと、栄養も偏ってしまいます。
この手作りのドリンクで朝だけ置き換えとか、1日プチ断食、3日プチ断食などをすると、栄養が偏って体調不良になったり、不健康になったりしてしまいます。
栄養が偏ったところに、さらに白砂糖のダメージがあるので、かえって不健康になってしまいます。

これだけのリスクがあるので、安全性を求めるなら、手作りの酵素ドリンクはやめておいた方がいいですよ。
プロが作った市販の酵素ドリンクに任せるのがおすすめです。

無添加酵素ドリンクランキング

選ばないで!添加物入り酵素ドリンクが危険な理由

添加物
「添加物っていったって、お菓子にも入ってるし、そんなに危なくないでしょ?」
「添加物ってそんなに悪いの?」
添加物って、体によくはなさそうだけど、いろんなものに入ってるし、まあいいか…と思ってました。
でも、添加物の入った酵素ドリンクは危険なんです。

添加物の中には、新しくて、長期間に渡って毎日取り続けた場合にどうなるのか、長期の調査が行われていないものもあります。
たとえば妊婦や授乳中の人が取っていて、次の世代にどんな影響が出るかなど、時間のかかる調査はまだまだこれから。
また、外国では注意喚起されているのに、日本ではまだ使われている添加物もあります。
動物実験で、早産や死産になったり内臓の異常が増えたり、死亡率が上がったりしているのに、少量ならいいだろうと認可されている添加物もあります。
酵素ドリンクは、ある程度の期間に渡って毎日飲むもの。
せっかく、酵素で不要な物を排出して、健康になれるチャンスに、余計に不要なものを取り込んでしまうのは本末転倒ですよね。
安全性のグレーなものは、避けておいた方がいいですよ。

無添加酵素ドリンクランキング

何故、無添加酵素ドリンクなら安全なの?

安全
「売ってる酵素ドリンクってどれもそんなに違わないんじゃないの?」
「無添加の酵素ドリンクって、そんなに安全なの?」
無添加、と言われても、何がいいのかよくわからず、聞き流していました。
でも、無添加の酵素ドリンクなら天然の果物や野菜の栄養だけで安心なんです。

無添加なら、まず、上で書いた添加物の害がありません。
天然の野菜や果物の栄養を凝縮しているので、酵素を自然な状態で取れます。
添加物を消化するのに酵素を使ってしまうこともないので、酵素の力を最大限に活かせます。
プロが作って完全に発酵させ、きちんと品質検査を受けて出荷されているので、自宅で作った手作り酵素ドリンクのように、発酵がうまくいっていないとか腐っているとか、悪い菌が繁殖しているということもありません。
また、自宅では用意できないような何十種類もの原材料を使うので、栄養価も高くなります。
安全で衛生的で、栄養価の高い酵素ドリンクが飲めるんです。

酵素ドリンクを使うなら、プロが作った無添加酵素ドリンクを使うのが、一番安全性が高くておすすめですよ。

無添加酵素ドリンクランキング

まとめ

  • 手作り酵素ドリンクは腐敗、食中毒、砂糖、栄養の偏りが危険
  • 添加物入りの酵素ドリンクは、添加物の害があるので危険
  • 無添加の酵素ドリンクなら、プロが作った安全で衛生的で栄養価の高いものを使える

これらを頭に入れて、無添加の酵素ドリンクを選ぶといいですよ。

安全性が高い!無添加酵素ドリンクランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする