なぜ痩せる?酵素ドリンクの効果を徹底解説!

酵素ドリンク、なぜ痩せる?

酵素ドリンクで痩せる理由

無添加酵素ドリンクランキング

酵素ドリンクの中身は何?

酵素ドリンクとは、野菜、果物、野草、海藻などの植物原材料を、酵母菌で発酵させたドリンクです。
無添加の酵素ドリンクなら、発酵させた液体だけ。
無添加ではない酵素ドリンクだと、それをシロップで割ってあったり、美容成分やビタミン、保存料や香料などを添加してあるものもあります。

酵素ドリンクはどんな効果がある?

酵素は、体の中で

    1. 消化を助ける働き
    2. エネルギーを燃やすのを助ける働き
    3. 体に悪い物質を排出する働き(デトックス)

という3つの働きをします。
酵素は現代の食生活では不足している栄養素。
不足すると、1の消化を助ける働きだけで使い果たされて、エネルギーを燃やしたり悪い物質を排出したりという働きまで手が回らなくなります。
でも、エネルギーを燃やしたり体に悪いものを排出するのは、ダイエットには欠かせない働き。
酵素を補ってやることで、エネルギーを燃やしたり、水分や脂肪とくっついて溜め込まれている悪い物質を排出したりして、痩せやすい体になれるんですね。

無添加酵素ドリンクランキング

酵素ドリンクの疑問:熱処理されて効果なくなってるんじゃ?

「酵素ドリンクって出荷される前に熱で処理されて酵素が死んでるんじゃないの?」
「酵素が死んでたら意味ないよね?」
ドリンク類は、製造中に一度、殺菌のために熱で処理されます。
だから、酵素ドリンクも効果ないんじゃ?と思ってました。
でも、酵素ドリンクで大切なのは、酵母が生きてることの方だったんです。

よくある誤解ですが、酵素は生き物ではなく物質なので死にません。
ただ、熱で変性といって、性質が変わります。
「じゃあ、熱で処理した酵素ドリンクは意味がないの?」
いいえ、酵母菌が生きていれば大丈夫なんです。
酵母菌は、種類によりますが60度~70度の熱では生きています。
これは、ドリンク類を殺菌する時に使われるのと同じ温度です。

酵母菌は、発酵する時にたくさんの酵素を作り出します。
酵母菌は、医薬品として酵素を作る時にも利用されるくらい、酵素を作り出す力が強い菌。
酵母菌が植物の原料を発酵させた酵素ドリンクは、たくさんの栄養素が酵母に分解され、消化吸収しやすい形になっています。
それは、その後酵母が発酵して酵素を生み出す時の材料にもなります。
生きた酵母が含まれている酵素ドリンクを選べば、保管中も体に入ってからも、酵母菌が活動を続けて、たくさんの酵素を生み出して体に供給してくれます。
だから、酵素ドリンクを熱で処理していても問題ないんです。
酵母菌がちゃんと生きていて、シロップなどで薄めていない酵素ドリンクを選ぶといいですよ。
砂糖類が無添加の酵素ドリンクなら、シロップなどで薄めていないので、効果の面でも安心です。

無添加酵素ドリンクランキング

酵素ドリンクでプチ断食するとどんな効果があるの?

「プチ断食って、断食したらカロリーが減るから痩せるってこと?」
「そんなの健康に悪そう…」
単なる断食だと思っていたので、プチ断食(ファスティング)は手を出せずにいました。
でも、プチ断食は単にカロリーを取らないのではなく、痩せやすい体を作るための期間なんです。

プチ断食(ファスティング)では、ご飯の代わりに酵素ドリンクを飲んで、栄養は取りつつ消化器官を休ませます。
すると、いつもは消化にけっこう使われている酵素が、エネルギーを燃やしたり、悪いものを排出したりという方向にたくさん働けるようになります。
体にたまっている悪いものは、大抵、水分や脂肪分を引き連れて一緒に溜まっています。
それを排出することで、体に水分や脂肪がたまりにくくなり、痩せやすくなります。
それに加えて、エネルギーを燃やす働きに酵素が使われることで、どんどん燃料をくべているようなもので、体が痩せやすい状態になっていきます。
だから、単なるカロリー制限ではなく、痩せやすい体を作ることができるんですね。

添加物が入っている酵素ドリンクを使うと、添加物の消化に酵素が使われます。
添加物の入っていない、無添加の酵素ドリンクを選ぶといいですよ。

無添加酵素ドリンクランキング

酵素ドリンクダイエットのメリットとデメリット

酵素ドリンクダイエットのデメリット

酵素ドリンクのデメリット
酵素ドリンクダイエットのデメリットと、その克服方法にはどんなものがあるか、見ていきます。

酵素ドリンクダイエットのデメリット1:お金

単なる断食などと違って、酵素ドリンクを買うお金がかかります。
ただ、酵素ドリンクは1食置き換えなど、食事と置き換えることが多いので、浮いた食費と差し引きすると、実はそれほどでもありません。

酵素ドリンクダイエットのデメリット2:味の好き嫌い

酵素ドリンクの中には、ラッキョウ漬けのようなニオイがしたり、味がとても続けられないような味だったりするものもあります。
返金保証のないものだと、味が苦手でもお金は返ってきません。
開封後でも合わなければお金を返してもらえる、返金保証のある酵素ドリンクなら、味が気に入らなければ返金してもらえるのでオススメです。

酵素ドリンクダイエットのデメリット3:好転反応

酵素ドリンク自体というより、置き換えや1日・3日などのプチ断食をした時、だるさ、眠気、ふらつき、頭痛などが出る方もいます。
これは好転反応と思われていますが、実は塩分不足と水分不足です。
食事から取っていた塩分や水分が不足するから起きるもの。
特にプチ断食中は、梅干し、味噌汁の汁だけなどで、塩分や水分を取ることが勧められています。

酵素ドリンクダイエットのデメリット4:プチ断食への抵抗感

酵素ドリンクを食事代わりに飲むとはいえ、プチ断食をすることに精神的に抵抗感を覚える方もいらっしゃいますよね。
その「がんばらなきゃ感」もデメリットといえばデメリットで、なかなか踏み出せない原因です。
プチ断食では、シロップで薄めてあったり、砂糖などを加えてある酵素ドリンクを使ってしまうと、血糖値が急激に上がったあと下がるので、空腹感が大きくなります。
シロップや砂糖水で薄めていない酵素ドリンクを使うと、栄養を受け取って血糖値がゆるやかに上下するだけなので、空腹感をほとんど感じません。
シロップや「果糖ブドウ糖液糖」などが原材料に書いていない、植物原料だけでできている酵素ドリンクを選ぶといいですよ。

無添加酵素ドリンクランキング

酵素ドリンクダイエットのメリットと必要性

酵素ドリンクのメリット
無添加酵素ドリンクランキング

酵素ドリンクのメリット1:悪いものを排出すると痩せる・健康にいい

酵素には、体内の悪いものを排出させる効果があります。
体内に溜まっている悪いものは、水分や脂肪を抱き込んで溜まっています。
悪いものを排出させると、不必要な水分や脂肪も貯めておく必要がなくなるので、スッキリ痩せやすい体になれます。
もちろん健康にもいいですよね。

酵素ドリンクのメリット2:痩せやすい体質になる:単なるカロリー制限じゃない

普通の置き換えダイエットは、ご飯を食べずにダイエット食品を食べることで、ご飯の分のカロリーを減らそうというもの。
カロリーが減れば体重は減りますが、既に痩せにくい体質になっている場合、なかなか痩せにくくなります。

一方で、酵素ドリンクの置き換えダイエットは、ご飯の代わりに酵素ドリンクを飲むことで、消化をいったんお休みにします。
その間、いつもは消化に使われていた酵素が、エネルギーを燃やす方に使われてくれるんです。
エネルギーを燃やすことを繰り返していると、痩せやすい体質になっていきます。
だから、単なるカロリー制限と違って、無理なくダイエットできるんです。

酵素ドリンクのメリット3:健康的に痩せられる

ダイエットをすると便秘をしたり貧血になったり、やつれてしまったりしてました。
でも酵素ドリンクなら、栄養をしっかり補って健康的に痩せられるんです。
酵素ドリンクに含まれている栄養素は、酵母菌が植物の栄養を、吸収しやすい形に分解したもの。
必要な栄養が取れるから、不健康にやつれず、健康的にダイエットできるんですね。

酵素ドリンクのメリット4:美容にもいい

ダイエットをするとお肌がカサカサになったり、荒れたりして、老けて見えるようになって困っていました。
でも酵素ドリンクならお肌にもよくて、ツヤツヤのままダイエットできるんです。

酵素はエネルギーを燃やすのを助ける働きがありますが、エネルギーが燃えると、お肌を作ってる細胞の入れ替わりも早くなっていきます。
傷んでダメージを受けた細胞が早く、新しい細胞に入れ替わるので、いつもピカピカなお肌でいられます。
酵素ドリンクに含まれる栄養分も補給されるので、美容のために飲む人もいるほど。

これらのメリットが、他のダイエット食品にはない酵素ドリンクのいいところ。
では、どんな酵素ドリンクを選べばこういう効果を最大限に得られるでしょうか?

どんな酵素ドリンクを選べばいいの?本物の酵素ドリンクって

酵素ドリンクの効果的な選び方
無添加酵素ドリンクランキング
「酵素ドリンクって多すぎて、どんなの選べば痩せられるかわからないんだけど」
「選び方ってあるの?」
酵素ドリンク、どうやって選べばいいか悩んでしまいますよね。
ここでは、どんな酵素ドリンクを選べば効果的なのか、見ていきます。

酵素ドリンクの選び方1:砂糖やシロップ類で薄めていないのが本物のドリンク

酵素ドリンクは、野菜や果物などの植物の原料を、酵母菌で発酵させたもの。
ですが、中には、この発酵させたエキスを砂糖水や「果糖ブドウ糖液糖」や「シロップ」などで割って薄めている酵素ドリンクがあります。
薄めると安くできますが、当然、酵素の働きは弱くなります。
原材料を見て、「砂糖」「果糖ブドウ糖液糖」「シロップ」などが入っていないのが本物の効果のある酵素ドリンクです。

酵素ドリンクの選び方2:添加物が入っていないのが本物のドリンク

保存料や香料など、添加物が入っていると、添加物を消化するのに酵素を使わなければなりません。
すると、せっかくの酵素が添加物を消化するのに使われて、効果が低くなります。
添加物が入っていない無添加の酵素ドリンクを選ぶのがオススメです。

酵素ドリンクの選び方3:酵母菌が生きているのが本物のドリンク

酵素ドリンクを作る時、発酵には酵母菌が使われます。
酵母菌は、医薬品に酵素を作る時にも使われるくらい、酵素を作る力が強く、酵素の工場と呼ばれる菌なんです。
酵母菌が生きているドリンクは、保管中も酵母菌が発酵を続けて、たくさんの酵素を生み出してくれます。
酵母菌は酸にも強いので、胃酸にも負けずに腸に届いて、腸の中でも糖分を食べて分解し、酵素を生み出してくれます。
つまり、酵母菌が生きていると、糖質カットと酵素を増やすことが同時にできるんですね。
酵母菌自体も、免疫力を高めるような栄養素を含んでいますし、善玉菌としての働きもあります。
ダイエットにも健康にも持ってこい。
作る過程で酵母菌が死んでしまっている酵素ドリンクも多くありますが、酵母菌が生きている酵素ドリンクが本物と言えます。

酵素ドリンクの選び方4:できるだけ、50種類以上は原材料を使っていること

酵素にはたくさんの種類がありますが、1種類の酵素は1種類の働きしかできません。
だから、ある程度たくさんの種類の酵素を取った方が、体のあちこちでよく働いてくれます。
そのためには、原材料が少なすぎると、発酵でできる酵素も偏ってしまいます。
原材料はできるだけ、50種類以上は使っていてほしいところです。

酵素ドリンクを糖質制限中に使うと、血糖値はどうなるの?

「糖質制限ダイエット中なんだけど、酵素ドリンクを飲んだら血糖値が上がるんじゃ?」
「酵素ドリンクは甘いから、糖質制限ダイエットには向かないよね」
糖質制限ダイエット中で、酵素ドリンクを飲んでいいか迷っていました。
でも、砂糖などを添加していない酵素ドリンクなら、血糖値が急に上がることはなく、むしろ脂肪をエネルギーに変えるのを助けてくれるんです。

酵素ドリンクの中には、発酵液をシロップや砂糖水などで薄めているものがあります。
これは論外で、糖質制限中でなくても使わない方がいいでしょう。
きちんと作られた無添加の酵素ドリンクは、植物の発酵液だけでできています。
酵母が植物の栄養素を分解してできた、砂糖などとは別の多糖類という、血糖値の上がりにくい甘味だけが含まれているんです。
だから、血糖値はゆるやかに少し上がる程度で、糖質制限の妨げになる、急激な上がり方をしません。

さらに、酵素には、脂肪を分解するのを助ける働きがあります。
酵素が脂肪を分解した時、一緒に作られるのが、糖質制限ダイエットでよく言われる、ケトン体というものです。
これが、糖質の代わりにエネルギー源として働いてくれます。
糖質制限ダイエットがうまくいくかどうかは、糖質を制限することで、脂肪を分解してケトン体が作られるかどうかにかかっています。
つまり、酵素がうまくケトン体を分解できるかにかかってるんです。
酵素が足りなくてケトン体ができないと、脂肪をエネルギーとして使うことができないので、単にやつれるだけで糖質制限ダイエットが失敗してしまいます。
糖質制限ダイエット中ならなおさら、酵素ドリンクで酵素や、酵素を作る酵母菌を補充するといいですよ。

無添加酵素ドリンクの中でも、「優光泉」は、血糖値が上がりにくい特許を取っています。
もちろん砂糖水などで薄めてもいません。
こういう酵素ドリンクなら、安心して糖質制限ダイエット中も使えますね。

酵素ドリンクがリバウンドしにくいって何故?

酵素ドリンクがリバウンドしにくい仕組み

リバウンドは、カロリー制限によって、体が「エネルギーを節約しよう!」というモードに入ってしまい、痩せなくなってしまう現象が原因で起きます。
痩せない時間が続くので、モチベーションが落ちてつい食べてしまうと、エネルギーを貯め込むモードに入っているのでリバウンドしてしまうんですね。

酵素には、エネルギーを燃やすのを助ける働きがあります。
単なるカロリー制限と違って、エネルギーを燃やして痩せやすい体質を作ってくれるので、エネルギー節約モードに入らずに済みます。
だから、リバウンドもしにくいんですね。

そんな酵素ドリンクですが、使い方を間違えるとリバウンドしやすくなるタイミングというのがあります。
どうすればいいのか、見ていきますね。

無添加酵素ドリンクランキング

酵素ドリンクでリバウンドしやすくなる罠と対処法

酵素ドリンクダイエットで最もリバウンドしやすくなるのは、プチ断食(ファスティング)の後です。
一食置き換え、または1日プチ断食、3日プチ断食のようなファスティングの後、急に元通りの量や油っこいものを食べてしまうのが、酵素ドリンクダイエットでリバウンドしやすくなる原因です。
せっかく消化のお休みをして、エネルギーが燃えやすい状態を作ったのに、急に油っこいものを食べたり元通りの食事をすると、休んでいた体に突然消化の負担になるようなものが入ってきて、バランスが崩れてしまいます。

酵素ドリンクダイエットでリバウンドを防ぐには、置き換えやプチ断食後に「回復食」をきちんと取ることです。
回復食は、最低でもプチ断食の期間と同じだけ続ける必要があります。
1日プチ断食なら最低1日、3日プチ断食なら最低3日ですね。
和食など、油っけが少なくて消化にいい食べ物を食べてください。
それで、リバウンドを防ぐことができます。

このファスティングには、砂糖水などで割っていない、無添加の酵素ドリンクを使うのがオススメです。
せっかくファスティングをしたのに、シロップなどで割った酵素ドリンクを飲んでいると、血糖値が急激に上がって空腹感を感じやすくなり、ドカ食いしたくなるからです。

無添加酵素ドリンクランキング

酵素ドリンクが挫折しにくい理由:満腹感

「酵素ドリンクって満腹感はあるの?腹持ちは?」
「酵素ドリンクって空腹感はない?」
置き換えダイエットをしたいけど、空腹感に耐えるのはイヤでためらっていました。
でも、無添加の酵素ドリンクなら、空腹感を感じずにダイエットできるんです。

食事でも普通の置き換えダイエットでも、空腹感を強く感じるのは、食べて上がった血糖値が、急激に下がって来た時なんです。
特に血糖値を急激に上げるのは、砂糖やブドウ糖。
酵素ドリンクを使っても、砂糖やブドウ糖、シロップなどで発酵液を割っている酵素ドリンクでは、やはり腹持ちが悪く、空腹感を感じてしまいます。

砂糖や果糖ブドウ糖液糖などを加えていない、発酵液だけでできている無添加酵素ドリンクの場合、含まれているのは植物由来の「多糖類」というもの。
砂糖などよりもっと複雑な構造をした自然の甘みで、血糖値の上がり方がゆっくりです。
ゆっくりでも、上がれば満腹感があって空腹感がリセットされます。
そして、ゆっくり上がった血糖値はゆるやかに下がるので、急激に下がってお腹がすいた!ということがありません。

ただ、普段ちょっと食べ過ぎていた人は、血糖値の面で脳が満足していても、胃が広がっているので、お腹の感覚で満腹感を感じにくいことがあります。
そういう時は、酵素ドリンクを炭酸水で割ってみてください。
炭酸が胃を広げる感覚があるため、腹持ちがよくなります。
炭酸は血行をよくするため、脂肪がエネルギーに変えられた時、それをよく巡らせて空腹感を感じにくくするという働きも期待できて、オススメです。

無添加酵素ドリンクランキング

酵素ドリンクに即効性はあるの?48時間で痩せられる?

やり方にもよりますが、急いで痩せたい場合、プチ断食なら48時間である程度落とすことは可能です。
単なるカロリー制限ではなく、宿便が出た分のグラム数が減るというだけでもありません。
酵素ドリンクによるプチ断食は、消化のお休みをしながら酵素を取ることで、まず体に溜まっていた悪いものを出す効果があります。
体に溜まっている悪いものや、使い終わったいらない物質というのは、大抵は水分や脂肪分を引き連れて一緒に溜まっています。
それを排出することで、むくみの元になる余分な水分や脂肪分も出ていきます。
それが、急いでダイエットしたい人が減らせる部分になります。
その時間が終わってからもドカ食いなどをせずにいれば、エネルギーを燃やす作用が続いているので、そこからも徐々に体重は落ちていきます。

ただし、砂糖水などで割った酵素ドリンクでは、酵素の効果も半減です。
余計なものを使っていない、無添加の酵素ドリンクを使ってプチ断食してみてください。

無添加酵素ドリンクランキング

酵素ドリンクで5キロとか10キロ、大幅に落とせる?

数日では無理ですが、1か月から2ヵ月など時間をかければ大幅に落とすことができます。
大幅に落としたい場合は特に、プチ断食がオススメです。

大幅ダイエットの敵は、体が「エネルギー不足だから節約しよう」と節約モードに入って、脂肪を溜め込んだり、エネルギーを使わないモードになってしまうこと。
だけど酵素ドリンクなら、酵素がエネルギーを燃やすのを助けてくれます。
単なるカロリー制限と違って、エネルギーを燃やしながらダイエットできるので、大幅ダイエットにも向いています。

特にプチ断食をすると、悪いものを排出して、エネルギーを燃やすという流れを短い期間で作ることができます。
胃も小さくなるので、食生活の改善にもなります。
プチ断食後もドカ食いなどせず、消化にいいものを食べながら、1食置き換えを続けてみてください。
体が燃焼モードに入っているので、プチ断食が終わっても少しずつ痩せていきます。
大幅ダイエットをしたいなら、月に1~2回のプチ断食+普段の1食置き換えを続けるのが、無理なくダイエットできてオススメです。

ただし、使う酵素ドリンクに添加物が入っていると、添加物の消化に酵素を使うので、効果が薄くなります。
薄めていない無添加の酵素ドリンクを選んで、効率的にダイエットするといいですよ。

無添加酵素ドリンクランキング

酵素ドリンクのデトックス効果って何?

「デトックスってよく聞くけど、ダイエットに関係あるの?」
「酵素ドリンクでデトックスって本当にできるの?」
デトックスは体によさそうだけど、ダイエットにいいのかどうかも、やり方もイマイチわかりませんでした。
でも、無添加の酵素ドリンクなら、悪い物を排出(デトックス)することが簡単にできて、ダイエットに役立てられるんです。

酵素は、消化を助ける働きのほか、エネルギーを燃やすのを助ける働きと、悪いものを排出(デトックス)する働きがあります。
悪いものというのは、体によくないものや、体の中で既に使い終わって不要になった、汚れたもの。
巡りが悪くなっていると、こういうものが出て行かず、体にたまってしまいます。
悪いものは大抵、水分や脂肪分と一緒に体の中にあるので、悪いものを排出すると、むくみの原因になる余分な水分や脂肪分も排出できるようになってスッキリできるんです。
これが、ダイエットにも役立つんですね。

添加物は、排出される対象なので、添加物の入った酵素ドリンクを使うと、酵素が添加物を排出するのに使われてしまい、あまり意味がなくなります。
デトックス効果をダイエットに活かすためにも、添加物のない酵素ドリンクがオススメです。

無添加酵素ドリンクランキング

パウダー状の酵素ドリンクって効果あるの?

酵素ドリンクには、瓶・ボトルに入った液体のもののほかに、粉末状のものもあります。
パウダータイプの酵素ドリンクって、手軽そうだけど効果があるのか迷いますよね。

パウダータイプの酵素ドリンクは、粉にする段階で添加物が多く加えられているものがほとんどです。
添加物が多く加えられていると、酵素が添加物を排出するので使われてしまい、悪い物を排出したりエネルギーを燃やしたりといった、ダイエット効果の方に使う余裕がなくなってしまいます。
腹持ちもあまりしないので、置き換えダイエットに使うにも今一つ。

ダイエットに使うなら、瓶に入ったドリンクタイプの酵素ドリンクで、無添加のものを選ぶといいですよ。

無添加酵素ドリンクランキング

酵素ドリンクは男性でも痩せられる?

「旦那のメタボが心配だから酵素ドリンクを使いたいけど、男性でも痩せられる?」
「女性向きのイメージがあるけど、男性でも酵素ドリンクで痩せるの?」
体脂肪やメタボリックシンドロームなど、健康診断で言われてダイエットを考える男性も多いですよね。
酵素は、男性にも女性にも必要な栄養素。
当然、男性にも同じ効果があります。
ただ、男性に多い挫折ポイントは、これまで大量に食べていて、突然プチ断食を始め、終わったらまた大量に食べる生活に戻ってリバウンドしてしまうこと。
これまで大量に食べていたタイプの人は特に、プチ断食に入る前に特に気を付けて、準備食(油っこくない消化にいい食事)を取ってください。
準備期間を設けずに突然プチ断食を始めると、あまり効果が出ないことがあります。
また、終わった後もいきなり前の食生活に戻らず、必ず回復食(おかゆなど消化にいい食事)を食べる期間を取ってください。
それを守れば、男性にも酵素ドリンクでのダイエットはオススメです。

無添加酵素ドリンクランキング

年代別酵素ドリンクで痩せるポイント

中学生~10代が酵素ドリンクダイエットできる?

「酵素って若いうちは足りてるんだから、酵素ドリンク飲んでも意味なくない?」
よく、年を取ると酵素が足りなくなるとネットなどに書いてあるので、若いうちはあまり意味がないのかと思ってためらう人、多いですよね。
でも、中学生~10代が酵素ドリンクでダイエットすることはできます。
昔は、若い世代は酵素が不足していなかったのですが、現代では不規則な食生活や、食事の欧米化、睡眠不足やストレスなどで、若い世代でも酵素が不足しがちです。
酵素ドリンクなら、栄養を補給しながら健康的なダイエットができます。

酵素には、エネルギーを燃やすのを助ける働きがあります。
若ければこの効果が出やすいですから、中学生や高校生が酵素ドリンクでダイエットするのもオススメです。

中高生が酵素ドリンクダイエットする時のポイントは、睡眠をよく取ること。
成長ホルモンは睡眠中に出るのですが、これがお肌も整えてくれます。
成長ホルモンで細胞の入れ替わりが激しくなれば、そこにエネルギーが使われるのでダイエットにも役立ちます。
せっかく、人生で一番成長ホルモンが出る時期なので、睡眠をとって成長ホルモンの力も利用してみるといいですよ。
酵素ドリンクも、細胞の入れ替わりを助けてくれるので、酵素ドリンク+睡眠をこころがけてみてください。

無添加酵素ドリンクランキング

20代が酵素ドリンクダイエットするなら

「20代ってまだまだ酵素は足りてるでしょ?酵素ドリンク飲む意味あるかな?」
でも、20代のダイエットにも酵素ドリンクは効果的なんです。
20代も、現代では欧米化した食生活や不規則な生活、ストレスや睡眠不足で、体の中の酵素がどんどん減っています。
また、ダイエットを繰り返すことで、体がエネルギーを節約するようになり、痩せにくい体になっている人も。
酵素を補って置き換えダイエットをすることで、酵素がエネルギーを燃やしてくれて、痩せやすい体質に改善できます。

20代の酵素ドリンクダイエットのコツは、準備食・回復食での食生活の整え。
仕事を始めて、食生活が不規則になったり、コンビニ弁当などの手軽なものが多くなっている人が多くなります。
プチ断食前後の準備食・回復食で、消化のいいおかゆなどを食べて、食生活の乱れをリセットしていくと、プチ断食後もエネルギー燃焼が続いて効果的ですよ。

無添加酵素ドリンクランキング

30代が酵素ドリンクダイエットするなら

30代になると、食生活が乱れていなくても酵素が不足し始めてきます。
30代以降の酵素ドリンクダイエットは、不足する酵素を補って、エネルギー燃焼や悪いものの排出に向けさせる意味が強くなります。

30代になるとホルモンバランスに少し変化があるので、悪いものが排出されにくくなって体に溜まることが多くなります。
30代の酵素ドリンクダイエットのポイントは、排出(デトックス)効果。
酵素ドリンクが悪いものを排出してくれる時、悪いものと一緒に溜まっている余分な水分や脂肪分も排出できます。
デトックス効果を充分に出すために、準備食(プチ断食前に消化にいいものを食べる)期間を多めに取るといいですよ。

デトックスを効果的に行うには、添加物を排出する必要がない、無添加の酵素ドリンクを使うのがオススメです。

無添加酵素ドリンクランキング

40代が酵素ドリンクダイエットするなら

40代は、酵素が激減してくる年代。
同時に、女性ホルモンの一つ、「エストロゲン」が減っていきます。
エストロゲンは、お肌にハリをもたらすコラーゲンを作るのに関わっているので、お肌のハリが落ちてきたり、ホルモンの変化で、更年期障害のほてり・のぼせ・頭痛・ふらつき、生理周期の変化などを起こす方も。

ダイエットも痩せにくくなったり、ダイエット中に体調を崩しやすくなる年代です。
でも、こんな時には酵素を摂るのが最適なんです。
減ってしまった酵素を補うことで、エネルギーが燃えやすくなって痩せやすくなります。
さらに、酵素は体内で女性ホルモン、エストロゲンを作る時に必要になるもの。
年齢で減ってしまった酵素をよく補って、ホルモンバランスを保つことができますよ。

40代の酵素ダイエットにオススメなのは、酵素ドリンクの豆乳割りです。
豆乳に入っている「イソフラボン」という物質が、エストロゲンと似た働きをしてくれます。

酵素ドリンクの中には、砂糖やブドウ糖の液糖で酵素液を割って薄めているものがあります。
40代で女性ホルモン「エストロゲン」が減っていると、上がった血糖値を下げる「インスリン」が効きにくくなってしまい、血糖値が下がりにくくなっています。
すると、それ以前の年代で砂糖を取った場合よりも、砂糖が脂肪に変わって蓄えられる率が高くなり、太りやすくなってしまいます。
酵素自体も薄めてあると効果が薄くなりますので、砂糖類で薄めていない、植物原料だけを使った無添加酵素ドリンクがオススメです。

無添加酵素ドリンクランキング

50代が酵素ドリンクダイエットするなら

50代の酵素ドリンクダイエットでポイントになるのは、エイジングケアです。
更年期も終わり、体内の環境がそれまでとは激変して、ちょっとしたことで体調を崩しやすくなったり、お肌の状態も以前とは変わったりしてきます。
でも、酵素ならエイジングケアにも使えるんです。

老化の原因になっているのが、活性酸素。
酵素には、活性酸素を除去する働きを持つものがあり、老化の原因の活性酸素を無害なものに変えて排出してくれます。
50代になると体内の酵素は激減していますから、酵素ドリンクで補うといいですよ。

もう一つ、酵素と一緒に取るといいのが、野菜や果物に含まれるポリフェノール
これも、活性酸素を除去する作用があります。
野菜や果物に含まれるだけあって、酵素ドリンクには大抵入っています。
ただ、砂糖やブドウ糖の液糖などで薄めている酵素ドリンクでは、薄まってあまり効果がありません。
無添加の酵素ドリンクを選ぶのがオススメです。

無添加酵素ドリンクランキング

60代が酵素ドリンクダイエットするなら

60代の酵素ドリンクダイエットのポイントは、腸を意識すること。
60代になると、腸内の善玉菌が急激に減ってしまいます。
腸の機能が低下して、食べ物が長く腸の中に留まることで、悪玉菌に都合のいい環境になってしまうんですね。
体の免疫は8割が腸にあるので、腸の環境が悪くなると、さまざまな病気のリスクが増えてしまいます。
ダイエットもやり方を間違えると、悪玉菌ばかり増えてしまい、リスクを増やすことになりかねません。

そこで、腸を意識したダイエットとして、酵素ドリンクはオススメなんです。
酵素には消化を助けて善玉菌の増えやすい環境を整える働きがあります。
だから、ダイエットをしても腸の環境はかえってよくなって、腸にある免疫もアップ。
健康や若々しさを保ちながらダイエットできるんですね。

砂糖や液糖で薄めた酵素ドリンクを使うと、糖類が悪玉菌のエサになって腸内環境を悪くしてしまいます。
薄めていない、原料に植物名しか書いていない、無添加の酵素ドリンクを使うのがオススメです。

無添加酵素ドリンクランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする